7月
26

“UMIDIGI A1 Proは、「OSがandroid 8.0 Oreo」となっていますので、最新機種のスマートフォンで、且つ、安いものを探している人であれば、UMIDIGI A1 Proがオススメです。
その他のUMIDIGI A1 Proのスペックでは、「質量173g、プロセッサがMediaTek MT6739、CPUがクアッドコア 1.3 GHz Cortex-A53」となっているため、CPUも含めてスペックは悪くありません。しかもUMIDIGI A1 Proは、「GPUがPowerVR GE8100」のため、AnTuTuスコアについても35000とかなり高いです。
その他にも良い特徴があるのですが、UMIDIGI A1 Proは「画面サイズが5.5インチ」となっているため、大画面でスマートフォンを利用したい人にとっても、UMIDIGI A1 Proは快適な環境を提供しています。UMIDIGI A1 Proは、「電池容量が3150mAh」のため、バッテリー消費を気にする人にもオススメです。”

7月
15

“Google Lens(グーグルレンズ)とは、Googleが提供しているAIを活用した機能のことです。
Google Lensでできることですが、スマートフォンに保存されている画像を読み込むだけで、Google Lensは、AIが情報の分析を自動で行うようになっています。そのため、気になる場所を画像データで見つけた場合は、Google Lensのみで分析することが可能な時代になりました。
Google Lensの精度は高く、場所のみ分析できるわけではありません。例えば、道端に生えている草木をGoogle Lensに読み込ませると、草木の種類を判別してくれますし、状況によっては読み込みに時間がかかることも無いのです。
最近では、Google Lensを用いて書籍、建築物を分析する人も増えてきました。歴女のように、歴史探訪を好んで行う人も増えてきているため、Google Lensは、これからもっと利用者が増えると想定されます。”

6月
29

“Zenfone 5の利用者の声を参考にすると、レビューサイトも含めて総評があまり高くありません。
一般的なミドルレンジモデルの総評が、5点満点中の4点という場合、Zenfone 5は3.5点前後につけていることが多いです。その理由ですが、Zenfone 5はコストパフォーマンスが良く、ハイスペックスマートフォンとしての性能を有しているのですが、話題の新機能「顔認証システム」がいまひとつだからです。
Zenfone 5の特徴は、ベゼルレスのオールスクリーンディスプレイとなっているところでしょう。ですが、Zenfone 5の画面占有率は90%となっているため、Zenfone 4と比較するとサイズダウンに成功しているのに、ディスプレイサイズは大きくなっているのです。
そのため、Zenfone 5と同価格帯のスマートフォンである、HUAWEI nova 3との比較では、一歩及ばない評価が多いのです。”

6月
22

“最新機種のスマートフォンであれば、指紋認証、虹彩認証といった生体認証に対応しているものが多いです。
そのため、パスワードを雑に設定しても、生体認証があるのでハッキングされる恐れは無いと考える人もいます。ですが、このような状態を放置されていると、ハッキングされる恐れがあるので注意してください。
というのも、万が一パスワード情報を知られてしまうと、インターネット上のサイト、SNSなどを不正利用されることがあるからです。今では、有名なSNSを利用して、パスワードに関する情報を聞き出す行動を取っている人もいます。
そのため、パスワードが生年月日であったり、趣味などと直結されていると、パスワードを盗まれる危険性があるのです。パスワードは自分の身を守るためにも必要なので、雑に設定するのは避けるようにしましょう。パスワードを設定する際も、パスワード自動生成ツールを用いて、自分に合ったものを生成したほうが安全です。”

6月
15

“android端末の最新機種の中では、中々HUAWEI Mate 20 Pro以上のものはないと言われていますが、それは、HUAWEI Mate 20 Proが単純に高スペックだから・・・ではなく、バッテリーにも余裕をもたせてあるからです。
現行のスマートフォンの多くは、最初からアプリがダウンロードされている、自動でバージョンアップされるアプリが増えていることもあり、知らずのうちにバッテリーの電力を消耗する傾向にあります。しかも、ソーシャルゲームをプレイされている人が増えているため、わずか数時間でバッテリー切れになることも、今では珍しくありません。
しかしHUAWEI Mate 20 Proのバッテリーは、大容量と言われるだけあって4200mAhもあるのです。HUAWEI Mate 20 Proのバッテリーは、40Wの充電にも対応しています。
そのため、最新の技術によって30分間の充電で、70%ほどバッテリーを高速充電することも可能です。”

6月
08

“とりあえずグラフィックの良いスマートフォンを探しているのであれば、AQUOS sense plusがオススメです。
今では、スマートフォンの多機能化が進んでいるため、グラフィックの良いスマートフォンというのは、あまり注目されなくなってきました。ですがAQUOS sense plusは、液晶に「IGZO液晶」を採用しているため、美しいだけでなく大画面ディスプレイも実現させているのです。
AQUOS sense plusは、画面サイズが5.5インチとなっていますし、iPhone 8 Plusと比較しても同程度の画面サイズです。しかもAQUOS sense plusは、国産スマホではお馴染みの「おサイフケータイ機能」も使えるようになっています。
そのためAQUOS sense plusを選ぶ人の多くは、グラフィックの良さ、もしくはキャリアのスマートフォンから、格安SIMへ乗り換えたいという人が多いのです。”

5月
31

ZenFone5をandroid9.0にアップデートすることで、使えるようになる機能には以下のようなものがあります。まずは「ナビゲーションバー」の画面表示が、スワイプしたりアプリを長押しすることで、表示するアプリを素早く切り替えられるようになります。また「自動調整バッテリー」といってあまり使わないアプリをスマートフォンが自動的に制御することで、電池を長持ちさせてくれる便利な機能が使えるようになります。いつも使うアプリは、そのままにあまり使わないアプリまでバッテリーを使ってしまうのは嫌だな、勿体ないなと感じている方には非常に便利な機能ですね。他にもアプリの通知内容をより細かく設定できるようになったりと、より快適に使えるようになります。お知らせが不要なものは、いちいち音が鳴らないように設定したり、生活に合わせて必要なものは残し、不要なものはオフにするようにできると大変便利です。是非、こうした新機能を使えるようになるのでまだ設定していない方は是非、インストールから始めましょう。

5月
25

フィーチャーフォンとは普通のスマートフォンとは違い、普通のスマートフォンよりも使いやすくなっているものです。主に老人やお年寄りの方々に愛用されており、評判もいいです。しかし、これまでの中国での家電量販店にあるフィーチャーフォンは、4Gに対応していなく、2Gみたいなのがほとんどでした。その為あまり性能はいいとは言えず、取り扱いもあまり良くありませんでした。ただ、値段もかなり安く設定されている為、それでも使う人は決して少なくありませんでした。今回紹介するのは4Gに対応した、新しいフィーチャーフォンの「Qin」シリーズについて書いていこうと思います。このフィーチャーフォンには3種類の色があり、翻訳機能が付いています。しかし、この翻訳機能というのは有料らしく、あまり多く使えるほど便利というものではありませんでした。フィーチャーフォン自体の値段はたいして高くなかったので、フィーチャーフォンの良さである値段に対しては妥当だと私は思いました。

5月
17

新しいスマホで話題は持ちきりだが、4Gから5Gに移り変わるのもまた一つの大きな変化で話題だと思う。大きく変わるのは主に速さだと思う。今回そんな中での予想になるのだが、ある記事で今から4年後の2023年には5億2500万台のスマホが出荷されると結果が出ていた。この事から今後はよりスマホの価値が上がるだろう。スマホの価値が上がるのはそれだけでなく、今の時代折りたたみ式の発表もある事から時代の移り変わりを感じる。そのため今後はどんどん新しい形のスマホが発表されると私は想像している。以前に透明なスマホの記事を書いた事があるのだが、5Gに合わせて色々なスマホの種類がいろんな会社がこぞって出しているため、もっと値段が高騰するだろう。5Gでいい印象ばかり待つ人もいるが、その中でもメリットとデメリットを考えて、今後のスマホの使い方や買い方を間違えると損する事になるだろう。それに5Gに対応する事により、新たなウイルスの可能性も考慮しなくてはならなくなる。

5月
15

サッカーシューズやバスケットシューズまで多岐にわたるスポーツ向けの靴。私も運動部に所属した事があるため、靴を選部場面も何度かあった。しかし、私の足のサイズは普通の人と比べ大きく、なかなか私に合う靴が見つからないものだ。こういう人の為に私はとある商品見つけた為、それを紹介しようと思う。この商品を発表したのはナイキで、バスケットボールシューズである。名前が「ナイキ アダプトBB」という名前で、どんな靴かというとスマホを使って靴のサイズを大きくしたり小さくする事ができる。スマホにアプリを入れるのだが、これは無料である。しかしシューズの方の値段が3万5000円する。例え充電がなくなっても脱げなくなる心配をする人もいるようだが、シューズなだけに紐も付いており、いざとなったら紐を解けば簡単に脱げる。私はこの靴のことを知った時に、バスケットボールじゃなくても使えるのではと思った。人の足のサイズは様々な為、どんな人にでも応用が利きそうだと思う。