6月
13

“格安SIMの料金プランでお悩みの方はいませんか?
格安SIMの料金プランは、大きくデータ通信と通話プランの2つに分かれます。
今お使いの料金プランは、快適に使えていますか。
もし、ご使用のデータ量と料金が割に合わないと感じしている方は、この機会に見直ししましょう。
今回、この記事ではデータ通信を毎月5GB以上使っている方、平均すると5〜6GBだという方におすすめの格安プランをご紹介します。
毎月1,000円でも安く出来れば、年間で計算すると12,000円になります。
この機会に少しでも見直しをして、無駄のないプラン選びをしましょう。
格安SIMをお使いの方はもちろん、キャリアから乗り換えて少しでも通信費を安くしたい方におすすめします。
■データ通信料、5〜6GBで出来ること
それでは、5〜6GBのデータ通信で出来ることにはどのようなものがあるでしょうか。
普段、ご自身が使っているスマートフォンの使い方を思い出してみてください。
データ通信の使用量として、毎月のデータ容量が3GB以内という方が最も多く、次いで5〜6GBで契約している方は多くなっています。
先月のデータ使用量はどのくらいか、しっかり把握していますか?
もし、分からない方は契約している通信会社のマイページで参照できるので確認してくださいね。
データ通信の1GBとは、1000MBにあたります。
皆さんがお使いのSNSの閲覧などWebページを閲覧するのには、一回あたりおよそ0.3MGかかっています。
またYouTubeなどの動画視聴を5分間すると、51MG消費します。
ご家族とのLINEでのVideo通話も一回あたり10分利用で、同じく51MG消費となっています。
毎日、ラインでVideo通話を利用されている方も多いのでないでしょうか。
普段から、InstagramなどのSNSを利用される方、Yahoo!のニュースなどWebページを30ページほど閲覧される方、
またYouTubeなどの動画を10分間程度は見ている、という方は1ヶ月でおよそ4.8GBのデータ通信を使うことになります。
これ以外にも、外出先でネット検索をしたり、動画をみることがあればデータ通信量はこれ以上に増えます。
そのため、月額料金でデータ通信プランを選ぶ場合は、少し余裕を待たせて5〜6GBのプランを選ぶと安心です。
データ通信量が足りなくなってしまうと、通信速度が急激に落ちるため、追加料金を払うこともあります。
そうなると、割高になってしまうので注意してくださいね。
■格安SIMの通信会社を選ぶポイント!
契約したいデータ通信の容量が決まれば、あとはMVNOをどこにするかになります。
様々な格安SIMがありますが、下記に紹介するポイントを抑えることで選びやすくなるでしょう。
是非、迷っている方は参考にしてくださいね。
ポイント①:料金
格安SIMの5〜6GBのデータ通信量は、月額1,300円程度が相場になります。
また電話をかける方は、通話SIMの平均が月額1,700円程度となります。
二つ合わせると3,000円程度かかります。
もし、これ以上に高い金額を払っている方は一度見直しをしましょう。
ポイント②:データ容量を超えた時の通信速度
そして次に、月額で契約しているデータ容量を超えてしまった場合の通信速度がどうなるか?
また、追加料金を支払わないと使えないのか?
この二点を確認しておきましょう。
ほとんどのMVNOでは、通信速度が遅くなる程度ですが非常に使いにくさを感じるはずです。
追加料金を支払う場合は、いくら増えるのか、きちんと確認しましょう。
ポイント③:接続回線の種類
最後に、接続回線がどのキャリアを使っているのか、これが重要なポイントになります。
格安SIMは、基本的に大手キャリアの主回線を借りて安いプランでデータ通信を提供しています。
docomoなのか、ソフトバンクなのか、KDDIなのか契約前に必ず確認しておきましょう。
■5〜6GBの最安値は?
それでは、5〜6GBで使えるMVNOの最安値についてみていきます。
現在、提供されているMVNOの中では『nuroモバイル』が最も安いプランを提供しています。
5GBで825円、通話SIMは990円で利用できます。
ただし、口コミでは通信速度が遅いという評判もあるため、注意が必要です。
通信速度は多少遅くても、料金を少しでも下げたい方におすすめです。
その他、OCNモバイルの6GBで1,188円で使えるデータ通信プランもおすすめです。
まずは、料金と口コミ、通信速度をしっかり調べて判断しましょう。
■まとめ
5〜6GBで使えるデータ通信の料金プランや、最安プランについてご紹介しました。
今お使いの料金プランに不満がある方は、是非この機会に見直しをしてみましょう。
少しでも快適なネットライフをおくれるように、皆さんの参考になれば幸いです。”

1月
31

“5Gによって柔軟な働き方がしやすい環境を整えることができ、これによってリモートワークが一般化されますし、育児や介護との両立がしやすくなると考えられます。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々なメーカーから多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「OPPO A2 5G」という5Gスマホがあり、カメラ初心者でも手軽にさまざまな写真を撮影できる高性能カメラや5G対応で複数アプリの起動や動画視聴もサクサク動く高性能CPU、充電が長持ちするため動画やゲームを長時間にわたって楽しめる大容量バッテリーや明るいところでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM12GB/256GBモデルが約35000円でRAM12GB/512GBモデルが約37000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約192gという持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグリーン、パープル、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.72インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 6020 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(ColorOS 13)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでキッチンのような水回りでも安心して使える生活防水機能(IP54)やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”Galaxy S24やGalaxy S24ウルトラ等の最新スマホ

11月
05

“5Gは高信頼の低遅延通信や高速大容量通信、多数同時接続などが可能になっていますので、医療やエンターテインメントなどの全ての分野でいかされていくでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは各スマホメーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「OPPO A2 Pro」という5Gスマホがあり、コントラストの高い鮮やかな表現で細部まで美しく表現できる高精細大型ディスプレイやどこでも安心して使用できる大容量バッテリー、シャッターを押すだけでシーンに合った写真が撮れる高性能カメラやデータの処理スピードが速い高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/256GBモデルが約37000円でRAM12GB/256GBモデルが約41000円でRAM12GB/512GBモデルが約49000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約183gという持ち歩きやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブラウン、パープル、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2412×1080でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは67Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 7050 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(ColorOS 13)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水(IP54)やステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”www.samsung.com/jp/tablets/

10月
28

“今回は、SIMフリーがいつから始まったのか?
総務省と通信会社各社のそれぞれの想い、ユーザーが好きな通信会社を選べるようになった時代の背景についてご紹介します。
SIMロックとか、SIMフリー、SIMカードという言葉が当たり前になった今ですが、
まだまだ聞き慣れない方、自分で説明までは出来ない方も多いと思うので、この機会にSIMフリーが始まった経緯について、是非一緒にみていきましょう。
またこれを機に、SIMフリースマホを考える良いきっかけになれば幸いです。
■2015年5月からスタート!
SIMフリースマートフォンが、始まったのは2015年5月以降になります。
2014年12月22日に、総務省から「SIMロック解除に関するガイドライン」が発表されたのを覚えている方はいらっしゃいますか。
これは、ユーザーが国内の携帯通信会社に、端末のロック解除を求めた場合、通信会社はこれに応じることを義務付けたものです。
2015年5月以降に発売される全てのスマートフォン、携帯電話はこれに準ずるものでなければない、という決まりが発表されたのです。
これまで、総務省はSIMフリー事業を推進することで各自通信会社との競争を促したい、と活動を続けてきました。
しかし、一方で通信会社各社はSIMロックをすることでユーザーを縛り、他社との契約をさせないようにしていました。
これにより、顧客を守っていたのです。
また一度契約すると、2年間はユーザーを縛れるので大手通信会社は、SIMフリーにしたくなかったのかもしれませんね。
現在は、どの通信会社も契約期間の縛りもないですし、解約手数料もかからないものがほとんどなので安心です。
■好きな通信会社を気軽に選べるように!
これまでは、他社との契約をする際は持っているスマートフォン、携帯電話自体も新しく買い換える必要がありました。
そうでないと、SIMカードが挿入できずスマートフォン、携帯電話本体を使うことができなかったからです。
総務省の狙いは、SIMロックを解除することでどんな通信会社のSIMカードを挿しても使えるようにすることでした。
例えば、ドコモからau、格安スマホに変えたとしてもSIMフリーにすることで、ユーザーが選びやすくなり、より安く、より高速なプランを選びやすくしたかったのです。
現在はSIMフリーになり、端末本体も買い替える必要がなくなったため、通信会社選びもとても楽になりました。
■世界中どこでも気軽に使える!
SIMフリーになる前は、海外でスマホを使う場合、電波や周波数を確認したり、高い通信量を払わなければ海外での通信は難しく、高額な費用が必要でした。
現在は、SIMフリーが主流になったため、海外の地元で売っているSIMカードを購入し差し替えるだけで安価な値段で気軽にいつでもどこでも、通信ができるようになりました。
日本では、iPhoneの保持者が半数以上も上回る「iPhone天国」と呼ばれていますが、2014年秋に登場した『iPhone 6』と『iPhone 6+』以降、SIMフリー版となっています。
海外によく行く方、海外でも安心して使えるスマートフォンがいい、という方に指示され続けているブランドとも言えます。
気になる方は、今お使いのスマートフォン、携帯電話をチェックしてみてくださいね。
■まとめ
SIMフリー、SIMロック、SIMカードという言葉が注目を集めるようになり9年ほど経ちましたね。
これから、通信会社を変えたい方、総務省の狙い、各通信会社がこれまで抱えていた課題、ユーザーがこれからどうあるべきか?
今後はよく考えて選ぶ権利が私たちにはある、ということを忘れないで頂きたいです。
総務省がSIMロック解除を義務化し、SIMフリーになるように提供してくれた背景があり、今の自由な選択ができる、ということを改めて肝に銘じながら今後の参考にして頂きたいです。”

10月
22

“5Gは様々な技術に支えられており、今後は日常生活やビジネスシーンだけではなく特性を生かした宇宙エンターテインメントも展開していくでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは高性能を搭載したハイエンドモデルからエントリーモデルまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「OnePlus Ace 2 Pro」という5Gスマホがあり、息を呑むほどの圧倒的な高画質な高精細大型ディスプレイやバッテリー切れの心配をせずに外でも気軽に使える大容量バッテリー、被写体に応じて適したカメラモードに切り替えられる高性能カメラやオンラインゲームもストレスなしでプレイできる高性能CPUなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM12GB/256GBモデルが約6万円でRAM16GB/512GBモデルが約68000円でRAM24GB/1TBモデルが約8万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約210gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーンとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2772×1240でアスペクト比20.1:9の約6.74インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは150Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 8 Gen 2 SM8550-AB 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GBモデルと16GBモデルと24GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルと1TBモデルがあります。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや赤外線センサーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

9月
16

“iPhoneで画質のよい動画を撮影するには「4K」設定での撮影がおすすめです。ここではiPhoneでの4K動画についてまとめてみましょう。
【iPhoneで動画撮影できる画質の種類】
iPhoneで撮影する動画に関しては画質の変更が可能です。iPhoneモデルによって撮影ができる画質は異なりますが、現在最高画質は「4K/60fps」になります。この4K/60fpsはiPhone8/iPhone8 Plus以降であれば撮影が可能です。
iPhoneで撮影できる画質には4KやHDなどがありますが、これは動画の画面解像度を表すもので、画面の中に何個のドット(画素)があるのかという指標です。4KはHDよりもきめ細かい鮮明な映像を撮影することができます。4KとHDの画像解像度は以下の通りです。
・4K:3840×2160
・HD(フルHD):1920×1080
4KはHDに比べて、縦・横ともに2倍のドットがあるので、単純に考えても4Kの方がHDよりも4倍キメの細かい動画を撮影できます。
【コマ数を洗わずfps(フレームレート)も重要!】
動画の画質を表す指標としては、4KやHDなどが有名ですが、fpsも重要な指標の1つです。fpsは「frames per second」の略であり、1秒間の動画が何枚の画像で構成されているかを示す単位になります。動画はパラパラ漫画と同じように、短い時間の中にたくさんの静止画を詰め込むことで、人の目にはその静止画が動いているように見えます。
fpsの値が30fpsであれば1秒間に30枚、60fpsであれば1秒間に60枚の画像が含まれていることです。1秒間に詰め込まれる静止画の数が多ければ多いほど、より滑らかな動画になるのです。iPhoneの動画撮影ではデフォルトが「fps30」で設定されていますが、最大「60fps」まで設定を変更することができます。綺麗な動画を撮影したい時には4Kだけではなく、fpsの数値も「60」に変更するようにしましょう。
【iPhoneで画質設定の方法とは?】
動画を撮影する際には、事前にデフォルト設定をしておくことがおすすめです。動画を撮影するタイミングで、画質設定をしていたら動画のチャンスを見逃してしまうこともあるでしょう。
デフォルト画質設定のやり方は以下の通りです。
1、[設定]アプリを起動する
2、[カメラ]をタップする
3、[ビデオ撮影]をタップする
4、最高画質である「4K/60fps」に設定する
ただ注意しておきたいのが、最高画質の動画はデータ容量が非常に大きいです。そのためiPhoneのストレージ容量を圧迫してしまうことも…。画質にこだわらないシーンでは画質設定を変更するのもおすすめです。
動画撮影をする際に、画質設定を変更する方法は以下の通りです。
1、動画撮影の画面で、画面右上の[HD]をタップする
2、[4K]に設定が変更される
3、画面右上の[30]をタップする
4、フレームレート(fps)の設定が「60」に変更される
【iPhoneで動画撮影する時に「QuickTake」を使うと画質が落ちてしまうって本当?】
iPhoneで高画質の動画を撮影したい場合には、「QuickTake」は使わない方がよいでしょう。QuickTakeは動画撮影の方法の1つであり、「カメラ」アプリが写真モードであってもシャッターボタンを長押しすることで、即座に動画撮影が始められる機能のこと。
QuickTakeはカメラを起動してから最速で動画撮影がスタートできるため、便利な機能ではあるものの、画質が落ちてします。デフォルト設定で動画の品質を「4K/60fps」にしていたとしても、QuickTakeを使用して動画を撮影すると、動画品質は全て「HD/30fps」に下がってしまうのです。解像度やfpsは動画を撮影した後には変更することができないので、綺麗な画質の動画にこだわる方はQuickTakeで動画を撮影しないように注意しましょう。”

9月
09

“SIMカードの入れ替えをする時に、失敗したらどうしよう…壊れてデータがなくなってしまったらどうしよう…と緊張する人は多いでしょう。SIMカードの入れ替えを行う際には、まずはSIMカードについての知識を身に着けておくことをおすすめします。SIMカードについて知識がなければ、スムーズに入れ替えができないこともあります。ここでは誰でも簡単にSIMカードの入れ替えをするポイントや、入れ替え時に注意したい点ついてまとめてみましょう。
【SIMカードには種類やサイズがある】
SIMカードの基本的な知識として、種類やサイズがあることを覚えておきましょう。サイズは全部で3つ
・標準SIM
・micro SIM
・nano SIM
です。
このSIMカードのサイズは、スマホの端末ごとに異なります。お持ちのスマホのSIMカードのサイズを知っておく必要があるでしょう。
近年発売されているスマホの多くは「nano SIM」を使用していることが多いです。
【SIMカードはどの端末でも使用できるわけではない!?】
どのスマホ端末でもSIMカードが使用できると思っている方がいますが、実はそうではありません。
SIMカードに対応していないスマホ端末もあるのです。そのような端末にはSIMカードを入れ替えることはできないのです。
SIMカードを入れる際には、スマホ端末がそのSIMカードに対応しているかどうかを確認しましょう。
【SIMロックがかかっている端末はSIMロック解除が必要】
古いスマホ端末の場合は、端末自体に他のSIMカードを読み込ませないようにするために「SIMロック」が掛かっていることがあります。
この場合には、スマホ端末と同じキャリアのSIMカードしか使用することができません。
格安SIMや格安スマホ会社に乗り換えるなど、違うキャリアのSIMカードを使用する際にはSIMロック解除の設定手続きをしましょう。
【SIMカードを入れ替えてもこれまでのデータが消えることはない】
SIMカードとはあくまでも回線利用者を識別するもので、窓口のような存在です。
そのためSIMカードを入れ替えてもこれまでのデータが消えてしまう…ということはありません。
SIMカードを入れ替えて他社の回線にスマホの乗換えを行っても、スマホ端末に保存されたデータには影響がないのです。
ただし、一部サービスが使用できなくなるケースはあります。
【SIMカードを入れ替える際の注意点とは?】
SIMカードを入れ替える際の注意点についてまとめてみましょう。
<SIMカードは直接触らないようにしよう>
SIMカードの表面は金色の部分があります。その金色がIC部分であり非常に重要です。IC部分が傷ついたり汚れたりしてしまうと、端末で上手く認識できなくなったり、データが破損したりする
恐れがあります。SIMカードを扱う時には、金色の部分は触らずに必ず側面を持つようにしましょう。
<SIMカードが認証されない場合は再起動しよう>
SIMカードを挿入したにも関わらず上手く認識できない場合には、端末を再起動してみましょう。
再起動しても上手く直らない場合には、SIMカードを差し直してみてください。”

9月
03

“あと少しだけお小遣いがあったら、好きなものを買えるのに、そんな方におすすめしたい今注目のスマホゲームをご紹介します。
今は、お小遣いが欲しいと思ったら難しいことをしなくても、スマホのゲームで稼げます。
え?遊びながらお金が貯まるの?
そんなゲーム聞いたことない、と驚く方も多いかもしれません。
とりあえず一度試してみたい方も、どんなゲームなのか気になる方、空き時間を有効活用したい方、普段ゲームをしない方もこの機会に是非試してみてはいかがでしょうか。
■おすすめ①:ナンプレde懸賞
ナンプレde懸賞とは、名前の通りナンプレというゲームをプレイしながら懸賞に応募できる今、注目のアプリの一つです。
ナンプレにあるゲームやクイズに参加し、問題を解いてクリアしていくと懸賞に応募できるというものです。
パズルやクイズが得意な方、ゲームをクリアしながら人気商品が当たる懸賞に応募できるというのは、またスリルもあって楽しめます。
今までの累計ダウンロード数は、800万越えを記録するなどその人気ぶりは数字を見てもわかりますね。
では、実際にどんな商品が当たるのかというと現金はもちろん、ギフトカードやティッシュペーパーなどの日用品、そして電子レンジや炊飯器といった電化製品など豊富に揃っています。
毎日使う日用品も多く、一攫千金を狙いたい向けではなくコツコツ当てたい方におすすめです。
是非、空いた時間をクイズやゲームで楽しみながら有効活用してみませんか。
■おすすめ②:ロジックde懸賞
ロジックde懸賞は、5文字や7文字など指定された数字やマス目に色を塗り、出てくる絵について答えて当たれば、懸賞に応募できるというクイズ式懸賞です。
こちらも累計ダウンロード数、1,100万回を記録するなど大人気ゲームアプリとなっています。
クイズを解きながら、懸賞に参加したい方向けに常時1,000問ほどのオリジナル問題が用意されているので飽きずに楽しめる点が魅力です。
気になる景品は、現金はもちろんのこと、クーラーなどの大型家電からSwitchなどの人気ゲーム機など様々な商品が用意されています。
クイズを解きながらお小遣いや商品をGETできるチャンスが沢山あるので、空き時間を利用したい方はもちろん、お小遣いが欲しい方にぴったりです。
■おすすめ③:懸賞パズルパクロス2
懸賞パズルパクロス2とは、全部で9種類の様々なパズルを解くことでポイントが貯まり懸賞に応募できる今注目の懸賞アプリです。
パズルは、簡単なものから難解な問題まで様々です。
クロスワードパズルは、全くの初心者という方でも大丈夫です。
難易度が四段階に分かれているので、自分に合うレベルから始められます。
ダウンロードも無料なので、気軽に始められる点も魅力ですね。
また懸賞のプレゼントは、今人気のゲーム機からドラム式洗濯機など最新家電も豊富に揃っています。
現金が欲しい方にもおすすめなので、暇な時間を有効活用してみませんか。
またただパズルを解くだけでなく、全国のプレイヤーと競いながら自分がどのレベルにいるのか、ランキング形式になっているため日本一を目指したい方にもおすすめです。
■おすすめ④:ジグソーde懸賞
ジグソーde懸賞は、名前の通り簡単なジグソーパズルを解くことで豪華な商品が当たる懸賞に応募できるアプリです。
ゲーム感覚で楽しめるので、暇な時間を有効活用したい方、楽しみたい方におすすめです。
パズルを解くことで脳のトレーニングにもなるので、遊びだけでなく物忘れ防止にもなる点も嬉しいですね。
課金要素は全くないので、お金をかけずに楽しめるスマホゲームをお探しの方にもぴったりです。
スマホでパズルなんてしたことない、という初心者の方でも楽しめるクオリティーの高いゲームが揃っています。
また、通勤時間や休憩時間などちょっとした時間に気軽に楽しめる点や場所を取らずに遊べる点も魅力ですね。
■まとめ
隙間時間を使ってお小遣い稼ぎをしたい、空いた時間を有効活用したい方におすすめのスマホゲームをいくつかご紹介しました。
どれも全く初心者でも楽しめるものばかりで、ダウンロードも無料です。
気になるゲームがあれば、是非一度試してみて下さい。
スマホゲームなので、場所を考えずに気軽に試せる点も人気の秘訣と言えますね。
現金はもちろん、気になっている商品が手に入るチャンスがやってくるかも?是非この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

9月
01

“5Gの通信では移動通信ネットワークの構造が新しくなっていますので、これによってクラウドにつながる通信時間が短縮されて超低遅延などを可能にさせています。
その5Gに対応しているスマートフォンは各スマホメーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「HUAWEI P60 Pro」という5Gスマホがあり、多様な処理を高速で実行できる高性能CPUや美しく臨場感あふれる映像を楽しめる高精細大型ディスプレイ、軽量スマホの中ではトップクラスの大容量バッテリーや遠くの被写体もきれいに撮影可能な高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/256GBモデルが約135000円でRAM12GB/512GBモデルが約154000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約200gといった誰でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはパープル、グリーン、ホワイト、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2700×1220でアスペクト比19.9:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは50Wの急速充電に対応している4815mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 8+ Gen 1 4G SM8475 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.4の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+望遠レンズがついた約4800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.5の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがHarmonyOS 3.1でディスプレイ内指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP68)やステレオスピーカー、イヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”Galaxy Sim free smartphone

8月
26

“5Gの普及と同じように日常生活でも役立つIotの普及も進んでいくとされており、これによって様々なものが繋がって日常生活でも多くのことを遠隔操作できるようになります。
その5Gに対応しているスマートフォンは低価格のものから高価格なものまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「OnePlus Ace 2V」という5Gスマホがあり、通信の安定性や速さが向上した高性能CPUや写真や動画をきれいな映像で楽しめる高精細大型ディスプレイ、外出先でも長時間の動画視聴を楽しめる大容量バッテリーや不自然には見えない範囲で映える写真を撮れる高性能カメラなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM12GB/256GBモデルが約45000円でRAM16GB/256GBモデルが約49000円でRAM16GB/512GBモデルが約55000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約191gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグリーンとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2772×1240でアスペクト比20.1:9の約6.74インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは80Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 9000 3.05GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GBモデルと16GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで赤外線通信がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”