11月
21

“ハイスペックスマートフォンとして有名なGalaxyシリーズですが、現在Galaxy Note 10+が売れ筋です。
Galaxy Note 10+は、「Galaxy Noteシリーズの最新モデル」で、以前のモデルよりもベゼルが狭くなった、ディスプレイサイズが大きくなったため、Galaxy Note 10+に注目が集まっています。Galaxy Note 10+の特筆すべきところですが、大まかに分けると以下のようになっています。
Galaxy Note 10+は、GalaxyシリーズでおなじみのSペンが進化しているので人気です。Sペンの中でも最上級と呼ばれているほどの書き心地になっているので、こちらを求めてGalaxy Note 10+を購入する人は少なくありません。
しかもGalaxy Note 10+は、PCに比肩するほどの保存容量となっているので、動画、写真などを多く保存したい人であれば、Galaxy Note 10+は唯一無二の存在かもしれません。これだけの機能を備えているGalaxy Note 10+ですが、クアッドカメラ搭載となっているためカメラ性能についても死角がありません。
Galaxy Note 10+のスペックですが、「本体が77mm×162mm×7.9mm、ディスプレイサイズは約6.8インチ、重さは約197g」となっています。多少大きいように感じるのかもしれませんが、今では、Galaxy Note 10+のような多機能プラスワイドボディのスマートフォンが増えているため、使い慣れてみると気にならないサイズ、重さです。
Galaxy Note 10+の処理性能ですが、「CPUがSnapdragon 855、RAMは12GB、ROMが256GB、バッテリー容量は約4300mAh」となっているので、申し分ないスペックを誇るスマートフォンでしょう。OS、CPUともに最新のものが搭載されているので、保存容量以外に欠点があるスマートフォンというわけではありません。
ただしGalaxy Note 10+はカメラ性能が劣るため、ハイエンドモデルの中では平均的な性能しかありません。Galaxy Note 10+のカメラ性能は、「アウトカメラが約1600万画素、クアッドカメラは約1200万画素、TOFレンズ搭載の超広角・広角・望遠あり」となっています。Galaxy Note 10+は、インカメラも約1000万画素となっているので、ハイエンドモデルに多い3000万画素超えではないところが残念です。
ですが、Galaxy Note 10+はバッテリー容量が4300mAhとなっているので、一日中でスマートフォンを利用する人にオススメできます。Galaxy Note 10+は内部ストレージが512GBで、microSDを使用すると容量を1TB追加できる仕様なので、保存容量に困るということもないでしょう。”

11月
07

“KDDIが発表したSamsungの電子スマートフォン「Galaxy A51 5G」は、5Gに対応しながらも本体価格を抑えたことで手に届きやすいミドルレンジモデルです。最近では、ディスプレイのベゼルをなくした全画面ディスプレイが注目を集めていますが、今回ご紹介するGalaxy A51 5Gもその一つとなっています。
普段から動画配信サービスを利用したり、スマホで動画を見ることが多い方、スマホでインターネットを見たり電子書籍を購入することが多い方にも実は、この全画面ディスプレイは非常に見やすくおすすめです。
ディスプレイ本体の中央にあるカメラホール以外は、ほぼ全て全画面ディスプレイとなる「Infinity-O Display」を採用しています。これは、フレームを極限までそぎ落としたデザインでベゼルをなくすことで、画面いっぱいに広がる大迫力を映像を楽しめるように工夫されたディスプレイになっています。6.5インチの有機ELディスプレイに広がるダイナミックな映像は、迫力満点です。
普段から動画を見たり映画を見る、という習慣がない方はこんなに大画面でなくても十分映像を楽しめますが、やっぱり動画配信を見たり映画を見ることが多い方には、少しでも迫力のある映像を楽しんでもらうために小型ディスプレイよりも大型ディスプレイのGalaxy A51 5Gはおすすめです。ただし持ち運びやすいコンパクトなデザインをお探しの方、片手でも簡単に操作できるスマホをお探しの方には、もう少し小さなサイズでも問題ないかと思います。
6.5インチあればかなり大きな画面なので、一度に閲覧できる情報量も多くスクロールする手間も省けるといったメリットもあります。どんな点を重視して選ぶかは皆さん次第、少しでもGalaxy A51 5Gが気になっている方は是非一度公式HPをチェックしてみましょう。
ちなみに小型ディスプレイでも、画面占有率が高ければ一度に表示される情報量も大きくなり見やすく操作しやすくなります。
画面も小さく、ベゼルがあるものはかなり画面が小さいので普段から動画を見る方、YouTubeなどの映像を見られる方にはあまりおすすめできません。そういった意味で、今回ご紹介しているGalaxy A51 5Gは画面の大きく、かつベゼルもほとんどないデザインなので迫力満点の映像を楽しめるといった点が大きな魅力になっています。シンプルなデザインだからこそ、見やすく操作しやすい、パンチホール以外は全面無駄のないディスプレイになっているという点は非常に魅力です。
もし他にも気になる機種があれば、実際にデザインなどを見比べながら、比較してみてください。ディスプレイの大きさは問題ないけど、重すぎたり、バッテリーの減りが早いなどそれぞれ特徴があるからです。どんな点を重視して選びたいのかバッテリーの持ちやその他スペックと合わせて検討してみてくださいね。”Galaxy A51公式サイトはこちら

9月
24

“格安スマホの中でも、ハイスペックスマートフォンを求めているのであれば、SHARP AQUOS sense plus SH-M07がオススメです。
SHARP AQUOS sense plus SH-M07は、「IGZOディスプレイ搭載」となっているので、格安スマホの中でも文字・画像が見えやすいスマートフォンとなっています。ただしSHARP AQUOS sense plus SH-M07は、サイズが「5.5インチと小さい」ため、従来のスマートフォンに比べて使いづらいと感じることもあるでしょう。
そんなSHARP AQUOS sense plus SH-M07ですが、画面サイズとは裏腹に人気のスマートフォンとなっています。その理由は、SHARP AQUOS sense plus SH-M07に搭載されている「バーチャルHDR」で、こちらの機能によって、撮影した映像、動画コンテンツは鮮明化されるようになっているのです。今では、You TubeやSNSなどに動画投稿・画像投稿をされる人が増えているため、SHARP AQUOS sense plus SH-M07のような機能を持つ、格安スマホの人気が上がってきました。
しかもSHARP AQUOS sense plus SH-M07には、「のぞき見ブロック」という、他人にのぞき見されるのを防いでくれる機能が備わっています。他にも、素早くスクリーンショット撮影を行えるようにする「Clip Now」がありますので、良くスマートフォンの機能を活用している人であれば、SHARP AQUOS sense plus SH-M07は便利だと感じるかもしれません。
SHARPの格安スマホの中には、さらに小型化に成功しているSHARP AQUOS R2 compact SH-M09があります。SHARP AQUOS R2 compact SH-M09のスペックは、「画面サイズが5.2インチ、重量は約135g」となっているので、スマートフォン全体で見ても極小・最軽量をいくスマートフォンです。
SHARP AQUOS R2 compact SH-M09はただ軽いだけでなく、片手で操作しやすいのが特徴で、しかも、「ハイスピードIGZOディスプレイ搭載」となっている、ハイスペックスマートフォンなのです。SHARP AQUOS R2 compact SH-M09は画質にも力を入れているスマートフォンで、「2K(2280×1080)解像度、120Hz駆動の画面表示」に成功しています。
これだけでも素晴らしい性能なのですが、SHARP AQUOS R2 compact SH-M09は、液晶テレビのAQUOSから技術を受け継いでいるモデルのため、「リッチカラーテクノロジーモバイル」を通じて、より鮮明で美しい動画視聴が可能となりました。他の格安スマホでは対応していない技術のため、動画視聴のクオリティを求めることが多い人ほど、SHARP AQUOS R2 compact SH-M09とは相性が良いと言えます。”

9月
22

“apple iPhone SEは、持ちやすいコンパクトモデルのスマートフォンとして人気です。
2016年に発売されたiPhone SEの第2世代として販売されているのですが、apple iPhone SEは、コンパクトで多機能というのが売りです。そのためapple iPhone SEは、他のSIMフリースマホと比べてできることが多いという強みがあります。
例えば、マルチタスク機能が進化しているので、SNS・動画・ゲーム・音楽などをまとめて楽しむことができるのです。このような機能は、キャリアスマホであれば珍しくありません。
ですが、apple iPhone SEはSIMフリースマホのため安い、スマホショップで購入できるスマートフォンのため、お手軽に入手できる強みもあるのです。キャリアスマホは高い、欲しいモデルが売り切れていて無い・・・、このようなトラブルに巻き込まれたくない人にも、apple iPhone SEはオススメできます。
しかもapple iPhone SEは処理性能が、前のモデルよりもアップしているスマートフォンです。apple iPhone SEは、「CPUがA13チップ搭載」となっているため、ストレスを感じることもなくスマートフォンを使えるのが売りです。
どれほど処理性能が向上しているのかというと、最新ゲームであっても動作するレベルに仕上がっています。SIMフリースマホの中には、最新ゲームが本当に動作するのか怪しいものも含まれますので、ゲーミングスマホとしても機能するiPhoneシリーズを探しているのであれば、apple iPhone SEを購入したほうが良いかもしれません。
しかもapple iPhone SEは、カメラ性能がシングルレンズで構成されており、ポートレートモードによる撮影にも対応しているのです。このように様々な機能が追加されているため、1つ前のモデルと同じと思わないほうが良いでしょう。
iPhone 6~8とは雲泥の差があると思って問題ありません。しかもapple iPhone SEは、これだけのスペック・機能を備えているにも関わらず、SIMフリースマホの中でも安いのです。
機能のみで考慮すると、apple iPhone SEはハイエンドモデルに劣っているのは確かです。ですが、インターネット・アプリなどを楽しめるスマートフォンを探している人であれば、apple iPhone SEで満足できる要素は多いでしょう。
apple iPhone SEの注意点となりますが、正直バッテリー容量は高くありません。そのため、外出中にバッテリーを気にしないで使えるモデルでは無いのです。
これはSIMフリースマホのすべてに言えることなのですが、基本的にSIMフリースマホではスペック・機能に力を入れているので、ディスプレイ・バッテリー容量・バッテリー機能は期待しないほうが良いでしょう。”

9月
20

“世界的にスマートフォンは人気のため、「POMINI MAGIC PUSH PMP-CARD」、「Ginova 自撮り棒 Ginova-9928」のような、今まであるようでなかったグッズが一気に増えました。
POMINI MAGIC PUSH PMP-CARDは、簡潔にまとめると「落下防止バンド」に分類されるグッズです。なぜこのようなグッズがあるのかというと、スマートフォンの耐久性はあまり向上していないからです。
今でもスマートフォンに求められているものは、「薄さ・軽さ・高機能」の3種です。その中でもスマートフォンにとってネックになっているものは、薄さ・軽さでしょう。
それほど高くないところからスマートフォンを落としたとしても、「割れてしまう・動作しない」などのトラブルが起きてしまうほど、スマートフォンは脆いのです。スマートフォンそのものが使えなくなった場合、交換を行ってもらえば良い・・・という意見もありますが、遅い場合はかなりの日数を要求されるため現実的ではありません。
そんなトラブルを未然に防ぎたい場合は、POMINI MAGIC PUSH PMP-CARDを使用したほうが良いでしょう。落下防止バンドとして機能するのですが、取り付けは本体の背面に張りつけるだけで問題ありません。
POMINI MAGIC PUSH PMP-CARDの長所は、「TPU素材採用」となっているので、長時間使用していても指が疲れずにすみます。POMINI MAGIC PUSH PMP-CARDと似たようなグッズはあるのですが、使いやすさも含めて落下防止バンドを選びたい場合は、素材の質も含めて購入したほうが良いです。
POMINI MAGIC PUSH PMP-CARDには「カードホルダー」も付いているため、財布などに携帯しているカード数が多い人も安心できます。その他にも「ワイヤレス充電に対応している」ので、他の落下防止バンドに比べて高機能なのは確かでしょう。
そして、Ginova 自撮り棒 Ginova-9928も便利です。グッズとしての分類は「自撮り棒」になるのですが、Ginova 自撮り棒 Ginova-9928は、「最大100cmまで伸ばせる」、「7段階の伸縮を可能としている」ため、高機能な自撮り棒を探している場合は、Ginova 自撮り棒 Ginova-9928をオススメできます。
100cmも離してしまうと、自撮り棒として機能するのか不安・・・という人もおられますが、「ワイヤレスリモコン付き」の自撮り棒となっているため、そのような不安を抱える必要はありません。Ginova 自撮り棒 Ginova-9928は、「三脚搭載」となっているため、スマートフォンを固定しての撮影を行いたい、そのような用途・シチュエーションにも応えてくれるのです。
Ginova 自撮り棒 Ginova-9928のスペックですが、「重量は約235g、収納時のサイズは20cm」となっているためコンパクトです。”au

9月
06

“SIMフリースマホ選びで悩んでいる場合、SHARP AQUOS zero2がオススメです。
SHARP AQUOS zero2は、SIMフリースマホの中でも性能が良いので、他のSIMフリースマホと比べても見劣るポイントが少ないです。SHARP AQUOS zero2のスペックですが、「サイズは約158mmx約74mmx約8.8mm」となっているので、最新スマートフォンの中でも使いやすいサイズとなっています。
最近のスマートフォンは、多機能を目的としているものが増えているため、自然と「大型化している特徴」があります。ですがSHARP AQUOS zero2は、それほどサイズが大きいわけではないので、使いやすいサイズのSIMフリースマホを探している人にオススメです。
SHARP AQUOS zero2の処理性能は、「プロセッサがQualcomm Snapdragon 855 mobile platform(SDM855) 2.8GHz・1.7GHz オクタコア、OSはAndroid 10」となっているので、最新のものが詰め込まれているスマートフォンとなっています。SIMフリースマホというと、安かろう悪かろうが多いのではないか・・・と思ってしまいますが、今では、スマートフォン市場がにぎわっているため、このような問題はほとんど起きていません。
そのためSHARP AQUOS zero2は、「RAM・ROMが8GB・64(256GB)、画面サイズは約6.4インチ、メインカメラは約1220万画素・約2100万画素、フロントカメラは約800万画素」となっています。RAM・ROMはスマートフォン選びでは重要で、これはSIMフリースマホであっても同じです。
標準的な数値では、RAM 4GB、ROM 128GBとなっておりますので、こちらのものより良いものを選ぶようにすると、「マルチタスク機能が使いやすくなる」ことでしょう。OS・CPU・RAM・ROMが良くないスマートフォンを購入してしまうと、主にメモリ不足によって、動作が遅くなってしまうことが増えますし、「最新ゲーム」についてはプレイそのものができないことまであります。
eSportsの影響で、今では、ゲームのために高品質なスマートフォンを購入する人が増えているため、SHARP AQUOS zero2についても、処理性能に対しての配慮がしっかりとしているのです。ちなみに、SHARP AQUOS zero2は「バッテリー容量が3130mAh、防水はIPX8、おサイフケータイ対応」となっているため、その他の性能についても、ハイエンドモデルと遜色ないモデルとなっています。
SHARP AQUOS zero2以外のSIMフリースマホでは、対応していないこともあるので注意してください。しかもSHARP AQUOS zero2は、「最高水準の軽量モデル」という大きな特徴があります。
そのため、長くスマートフォンを利用することが多い人ほど、SHARP AQUOS zero2とは相性が良いと言えるのです。”

6月
26

“5Gの影響もあり、iPhone 11 Proのような最新スマートフォンを買い求める人の数が増えています。
そんなiPhone 11 Proのスペックですが、「ディスプレイが5.8インチ、本体サイズは高さ144.0mm、幅71.4mm、厚さ8.1mm、重量188g」となっているので、最新スマートフォンの中では、「コンパクト化に成功している」スマートフォンと言えるでしょう。しかもiPhone 11 Proはカメラ性能も良く、「アウトカメラが1200万画素(超広角・広角・望遠)トリプルカメラ」となっているので、最新スマートフォンの中でも注目度が高いのです。
「インカメラも1200万画素」のため、高画素を求めている人であれば、iPhone 11 Proを選んだほうが良いでしょう。iPhone 11 Proの処理性能ですが、「RAMが6GB、ROMは64GB・256GB・512GB、CPUはA13Bionicチップ、OSはiOS13、認識システムは顔認証を採用している」ので、これといった欠点の見つからないスマートフォンです。
ただ、iPhone 11 Proは選べるカラーが少ないため、ゴールド・スペースグレイ・シルバー・ミッドナイトグリーンから、好きなものを選ばないといけません。iPhone 11・iPhone 11 Proの違いですが、iPhone 11 Proは、iPhone 11に搭載されていない望遠レンズ搭載、そして、HUAWEI製スマートフォンでも見られる、「トリプルカメラシステム採用」のスマートフォンです。
最新スマートフォンと言えばこれ・・・のような機能が充実しているため、スマートフォンのトレンドから乗り遅れたくない人にも、iPhone 11 Proはオススメできます。その他の違いでは、iPhone 11 Proは「望遠レンズによるポートレートモードに対応している」ところでしょう。
これにより、iPhone 11 Proはあらゆるシーンの撮影を行えるようになりました。しかもiPhone 11 Proは、iPhone 11の問題点である「バッテリーの進化に成功している」機種なのです。
前機種iPhone XS(iPhone XS Max)と比較した場合、iPhone 11 Proは4時間、iPhone 11 Pro Maxは5時間もバッテリーの使用時間が長くなっています。今では、動画視聴・ゲーム・SNSなどで、スマートフォンをフル稼働させている人は多いです。
そのため、iPhone 11 Proのような大容量バッテリーの人気が上がってきました。しかもiPhone 11 Proは、「急速充電アダプター付き」スマートフォンのため、短時間で急速な充電も行えるのです。
ちなみに、iPhone 11、iPhone 11 Proの価格差は約4万円です。iPhone 11は、元々コストパフォーマンス抜群の機種なので、iPhone 11 Proについても、それほど高い価格帯で販売されているわけではありません。”

6月
24

“これから5Gがやってくる、インターネットがより快適になるという噂を、メディアから得ている人が増えてきました。
しかし、そもそも5Gがすぐにやってくるのか・・・、こちらについて知らない人が多いため、「スマートフォンも買い替えたほうが良いのか」で迷っている人も多くいるのです。こちらの疑問についてですが、「スマートフォンを買い替える必要は無い」という回答になります。
というのも、5Gのサービス開始時期を知っていると、そもそも最新のスマートフォンは必要で無いことがわかるからです。2020年度から5Gスタートのような雰囲気を装っていますが、実は海外でも5Gは浸透していません。
というのも、サービス開始時期が2020年度から・・・となっているだけで、こちらの5Gサービス開始というのは、「商業で用いられる5G」が開始になったという意味なのです。5Gサービスのわかりにくい状況を噛み砕いて説明すると、そもそも5Gは、IoT前提で進んでいる通信規格と思ったほうが良いです。
IoTというのは、「あらゆる家電がインターネットとつながっている状況になる」を構想としているので、オンラインサービスのみで5Gが使われているわけではありません。商業で用いられる5Gについても、例えば、遠く離れたところにある建設機械を5Gで操作できるようにするといった、「4Gでは操作にラグができてしまう」という問題を、5Gで解決しているだけなのです。
スマートフォンについても、NTTdocomoは2020年春、auは2020年3月、ソフトバンクは2020年3月頃、楽天モバイルは2020年6月頃から5Gを「スタートさせる予定」となっているので、あまり5Gに対して積極的ではないことが良くわかります。インターネットに詳しい専門家の意見では、5Gが普及するのは2021年以降という意見もあるので、そのため、今年度中にスマートフォンを買い替える必要は無いという結論になるのです。
5Gに関するその他の不安では、「5G導入と同時に4Gは消えてしまうのか」という不安もあります。ですが、今のところは5G、4Gを残したままの共通運用という形になるので、4Gが消えてしまうということはありません。
そもそも5G、4G という通信規格には、4Gと5Gの間にLTE-Advanced Proという規格も存在しますので、しばらくはこちらも運用しながらで様子見になる予定なのです。つまり、5Gがスタートするから5G対応のスマートフォンに買い替える・・・というのも、実は早計となります。
スマートフォンを買い替えるタイミングを見計らっている場合は、5Gが流通する頃からで遅くないことを理解しているだけで問題ありません。このようなことにも注目して、自分に合った5G、そして、スマートフォンを選ぶようにしていただけると、無難な5Gの乗り替えになるでしょう。”

6月
12

“日進月歩のスマートフォン業界ですが、今では、SHARP AQUOS sense plus SH-M07のようなユニークなスマートフォンが人気です。
というのもSHARP AQUOS sense plus SH-M07は、「みちびき」搭載となっているスマートフォンなので、位置情報を衛星から探ることが可能となっています。他のスマートフォンに比べて、SHARP AQUOS sense plus SH-M07は高い精度を誇るため、他のスマートフォンよりも知名度が高いです。
しかもSHARP AQUOS sense plus SH-M07は、スマートフォンを子どもに携帯させることによって、子どもの位置を正確に把握することまで可能です。「のぞき見ブロック」機能では、SHARP AQUOS sense plus SH-M07のディスプレイを、隣の人に見られないようにする配慮もあるので、プライバシーを意識して購入する人も増えてきました。”

5月
31

“子どもが欲しがるものの中には、昔であればまずランクインすることの無かったスマートフォンも含まれます。
しかし、スマートフォンというとLINEなどを通じて、大人などともつながってしまう危険性があるというふうに、安全に使えるのか怪しい一面があります。ですが、最近では親のほうから子どもにスマートフォンを与えることが多く、家族のコミュニケーションツールとして利用されることが増えてきました。
スマートフォンを持っていると、子どもの場合は大人として認められてきていると捉えることが多く、そのため、スマートフォンを利用することが楽しくなってくるのです。実際に、家族の誰もがスマートフォンを持っている家族のほうが、スマートフォンをあまり利用しない家族よりも、コミュニケーションが増えるというデータもあるのです。
その他の利点では、思春期の子どもでもスマートフォンを使えば、親とコミュニケーションが取れるという実態もあります。”参照先URL