中小企業でテレワークを導入するポイント

11月
13

ニュースや新聞などでよく取り上げられるようになったテレワークですが、安倍内閣では2020年までにテレワーク導入企業を2012年度の3倍にするという目標を掲げています。
そのテレワークは大手企業では多く導入されるようになりましたが、中小企業では大手企業のようにまだまだ取り入れられていません。
中小企業で取り入れられるためにはポイントを抑えておくことが重要となり、そのテレワーク導入のポイントとは生産性を定義すること、人事戦略型テレワークを行うこと、ペーパーレスやフリーアドレス化を進めること、労務管理と過重労働対策をとること、初めから関係者を参加させることなどです。
また、中小企業でテレワークを導入する手順のポイントは、テレワークで在宅勤務する対象者を明確にしてから在宅勤務の時間や期間、頻度などをしっかり決めることです。
特に中小企業では介護や育児などで離職する人が多くいますのでテレワークを積極的に導入したほうが良いのではないでしょうか。Rsupport Works

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>